Macの “Photos” でゴミ箱を空にする

[`evernote` not found]
Pocket

Macのディスクがいっぱいになってきたので写真の整理をしていたら、Photos.appでゴミ箱を空にする (永久に消去する) 方法がちょっとわかりづらかったのでメモ。ちなみにこちらの環境でのPhotosはVersion 1.5、OSバージョンは OS X El Capitan (Vewsion 10.11.6) である。

Photosでは、「削除した」写真はすぐにディスクから消去されるわけではない。また、OSの「ゴミ箱 (Trash)」に入るわけでもない。このへんはiPhotoと同じである。

ではどうすればディスクから完全にに消すことができるか?

まず、”Albums” タブを開く。

photos-tab

すると、アルバムに混じって “Recently Deleted” というのが表示されるので、開く。

photos-trash

右上の “Delete All” というのを押すと、即座にディスクから永久に消去される。

ちなみにこのゴミ箱は、手動で空にしなくても30日の猶予の後、自動で消去される仕組みになっている。

“Photos and videos show the days remaining before deletion. After that time, items will be permanently deleted.” と表示されている。

photos-empty

写真の下に表示されている “XX days left” というのが、実際に消去されるまでの猶予日数である。

remaining-time

[`evernote` not found]
Pocket