竹のスマートフォンスピーカー “iBam” が届いたよ!

シンガポールのSustainable Living Labから、竹製スマートフォンスピーカー “iBam” が届いた。天然の竹を使った手作り製品なので、頼んでから3週間かかった。

ibam1

これを作っているところ

これを作っているのは、シンガポールのクラフト系ハッカー達の集うスペース “Sustainable Living Lab” というところ。

私が「この竹スピーカー欲しい」とFacebookに書き込んだら、@hisashinが「あ、それ作ってるところに先々月行ったんだけど」と言っていた。世界は狭い。彼は夏にマレーシア、シンガポール、中国の深センと香港をまわり、各地のハッカースペースを訪問してきたのだが、そのときにこのラボにも立ち寄ったのだという。

水辺に佇むラボは建物まで手作りで、とにかく何でも作ってみたい生粋のハッカー達のたまり場となっている模様。建築、家具作り、電子工作、3Dプリンタやレーザーカッターを使った造形、グルメ、ビオトープ、とにかく色々と面白いことを研究している。

サイトを見てみると、面白い商品が並んでいる。iBamのようなプロダクトだけでなく、レーザーカッター体験会や木工教室の券や、手作り水出しコーヒーメーカーを作る会のチケットまである。

開封!

宅配便の箱から出すと、かわいらしい巾着袋が登場。

ibam2

取り扱い説明書と缶バッジが出てきた。

ibam3

本体は、シンプルな構造ながら、加工はとても丁寧。表面も竹の表情を生かしながらツヤが出してあり、エッジの部分もなめらかになっていて、竹のトゲトゲ感は全くない。

使ってみる

iPhoneを立てて使う。ケーブルを脇から差し込めば充電しながらでも使える。

ibam4

執務室のデスクの後ろ1.5mくらいの所に設置しているのだけれど、iPhoneの下から3分の1くらいの音量でも十分BGMを流すことができる。わずかに反響のかかった優しい音が出る。特にアコースティックな音に向いている。

シンプルでどんなインテリアにも合い、ほどよい存在感のあるアイテムだ。

詳しくはここのページに色々書かれている。

いくつかのオンラインストアで買えるようになっている。私はPasargoraというところで買った。注文するとメールが来て、「お使いの機種は?」と聞かれた。対象機種によって穴のサイズなどを変えているのかもしれない。グレードによって加工のクオリティや色が違い、お値段は通常版が$39、ハイグレードが$47、最高級が$54で、私が買ったのはハイグレード版、松竹梅でいうと竹。

iBam_JP_banner

フィリピン赤十字に寄付した

超大型台風でフィリピンの受けた被害が洒落にならないレベルなので、何か支援できないものかと思って寄付先を調べた。

  • Philippine Red Cross > Take Action (PayPalかクレジットで払う。支払いはフィリピンペソになる。2013年11月11日時点で1ペソ2.4円)

他にもいろいろ救援や復興のために活動している団体はあるけれど、救援活動に関して実績と定評のある赤十字なら間違いはないということで、フィリピン赤十字に10,000ペソ送った。うおお、ペソで払ったのなんて生まれて初めてだよ!!

11日から日本赤十字でも救援金の受付が始まっている。
【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|2013年フィリピン台風救援金  (日本円でOK!)

日赤は寄附金控除の対象になるのでちょっとお得。
《参考》No.1150 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)|所得税|国税庁 

東日本大震災の際には日本もフィリピンに支援してもらったり、私もほぼ毎日フィリピン在住の先生に英会話を教わっていたりと何かとご縁のある国なので、ここは日本からも支援したいね。

関連しそうな記事

秋葉原に開店した「らあめん学」に行ってきた

秋葉原のラーメン店「まるもも食堂」が10月に閉店してしまった。あの鶏ガラ醤油とちりちり麺が好きだったし、土曜限定の牛骨ラーメンも気に入って何度か食べに行ったので大変残念だったのだが、なんとタイのバンコクに移転するとのこと。

その後にできたのが「らあめん学」が最近オープンした。前のお店の店主さんから聞いた話によると、系列店から独立した方のお店らしい。
これは地元民として行かないわけにはいかないということで、さっそくお昼を食べに行った。

場所は中央通りから一本入った所、牛丼サンボの脇の私道を入った所。通りがかりにふらっと入るには少々難しい立地だが、秋葉原慣れしている人なら「サンボの脇」で通じる。

ちなみに店名の「学」には “SATORU” と振られている。店主さんののお名前らしい。内装は、以前のまるもも食堂ほぼそのままだった。

白いのれんが目印。

白いのれんが目印。

醤油、塩、つけ麺などのメニューがある。今日は醤油+味玉を頼んだ。

ramen_satoru

チャーシューメンを頼んだわけでもないのに、いきなり丼の面積の半分がチャーシューに占拠されている。でかい。これでチャーシューメンを頼むと一体どういうことになるんだろう。

スープは「鶏ガラ+節+煮干」と書かれていたけれど、節の風味が主役だった。食べている間に、表面にうっすらとコラーゲンの膜が生成される。こういうあっさりしたラーメンにカイワレの爽やかな辛味がよく合う。
テーブルの上に味の素の瓶が置いてあって、「無化調なので物足りなかったら入れて欲しい」という意味らしいけれど、物足りなくないので、入れなくてもよい。

麺は茶色のつぶつぶの入った細めの麺。ぷりぷりと弾力が強く、ほんのり香ばしい。

こってりがっつり志向になりがちな土地柄、こういうすっきり上品なラーメンを出すお店ができたのはとても嬉しい。まさに秋葉原のオアシス。

CustomBlockerアップデート! おすすめルールをいつでも追加可能

Google Chrome用万能フィルタリング拡張機能CustomBlockerをアップデートした。前回のアップデートで「おすすめルール」をインストールできるようにしたら (2013年10月6日の記事 初めての人にも優しいCustomBlocker 2.5をリリース) 、初めてインストールしたという方にもけっこう好評だった。

しかし、この機能は「はじめてインストールした時」と「1個もルールを作成していない状態」でしか使えなかった。今まで使ってきたけれどさらにおすすめルールをインストールしたい! というニーズもあるようなので、いつでもできるようにした。

設定画面に「おすすめルールをインストールする」というリンクがある。

install_preset_link

 

これを押すと、おすすめルール一覧の画面が表示されるので、使いたいルールを選べばOK。

install_preset_check

インストール済のものは選べないようになっている。

CustomBlockerのインストールはこちらから。