娘が産まれたよ!

9月中旬、女の子を出産した。出生時の体重は2814g、母子ともに健康であった。
子供を育てるというのは決して楽ではないものの、ここまで約2ヶ月、けっこう順調にやっている。
妊娠が判明してからは行動を慎んでいたので、なんとなく付き合いが悪かったり、作業のペースが遅かったりしたと思う。特に、暑くなってからはあまり表に出てこなかった。

出産は順調だった。出産準備を整えて平常通り自宅兼オフィスで開発作業を進めていたところ、まさに出産予定日当日の朝、陣痛とおぼしき周期的な腹痛に襲われた。その「陣痛とおぼしき周期的な腹痛」は一旦沈静化したものの、夜に再発し、病院に電話をしてそのまま入院となった。
そして翌日の昼、お腹の中にいた娘は、無事に明るい外界へ出てきた。出産には夫が立ち会ってくれたので、両親揃って娘をこの世界に迎えることができた。誕生おめでとう。

病院へ移動してから出産まで、約15時間。けっこう大変なことだったはずなのだが、やたらハイテンションになっていたせいか、時間が短く感じられた。5時間くらいという印象だった。

産後は5日間入院した。その間、いろいろ教えてきれた助産師さんは、本当に神様のような存在である。本当にやっていけるのだろうかと不安で仕方がなかった私を、とりあえず母親らしきものにしてくれた。

こちらが何をしていても優先度の高い割込が容赦なく入ってくるのが育児というものである。赤ん坊は突発的に泣く。やっていたことは容赦なく中断される。今までのように、集中力にまかせて突撃するスタイルでは仕事ができない。
以前から、日毎のToDoリスト兼作業ログをEvernoteに書き止め、時間のかかりそうな作業ならば随時30分程度のタスクに分割しながら仕事をしていたが、最近ではその粒度を5〜10分レベルにしている。
毎日、育児・仕事・その他あらゆる作業を1枚のノートに書いていく。ToDoリスト兼作業ログには大量のチェックボックスが並ぶことになる。これで、ある程度、突然子供が泣き出しても、心静かに元の仕事に戻ることができる。
細かく作業ログをつけておくと、不安が解消できる。とにかく忙しいと、時間の感覚はおかしくなるし、何もかも空回りしているのではないかという不安にしばしば襲われる。しかし記録を見返せば、進捗はゼロではない。時間が細切れになると、行動がいきあたりばったりになりがちである。そうならないために、日毎のレビューは丁寧に行っている。

娘はとにかく可愛い。寝ていても可愛い。泣いても可愛い。すごく可愛い。
幸い、おっぱいを沢山飲んでくれる子で、けっこうなペースで太る。一日に何十回も上げ下げしていたら、腱鞘炎になりかけた。まだわずかな意思疎通しかできないが、彼女が把握している世界というものが少しずつ鮮明になっていくのを推測するのは刺激的だ。
娘が産まれてから、未来のことをよく考える。22世紀まで生きることになるだろうか、そのとき彼女は人生を楽しんでいるだろうか。私はどのあたりで死ぬのだろうか。そのとき、さらにその後の世界の情勢はどうなっている? 科学は? 技術は? 妄想は膨らむ。
娘は可愛い。とにかく可愛い。疲労困憊して眠るときも、隣の小さなベッドから小さな寝息が聞こえてくれば幸せである。

髪が伸びてきたので革で髪留めを作った

もう10年ほど、髪を肩より長く伸ばしたことがなかったが、今年ついに髪が伸びた。毎年「たまには伸ばしてみるか」と思っては、梅雨頃になると暑くて切ってしまうというのを繰り返していたが、去年から今年にかけてついに伸ばすことに成功した。

伸びたはいいが、髪につける物をろくに所持していないので、ちょっと自作してみようということになった。ちょうど、厚すぎてあまり使い途がなかったヌメ革が家にあったので、これで作ってみる。

material

Amazonでバレッタ用の金具を探して2種類購入。私の髪の分量はだいたい女性の平均程度だと思うが、No10 (80x10mm) が丁度良かった。こういう金具をたくさん用意しておくと、思い立った時に何か作れそうだ。

ちょっとしたカービングを入れてみようということで、鳥の羽根を二枚下書き。

feather_draft

スーベルカッターでカービングの練習。強弱を付けるのが難しい。

carving_practice

そのままの色だとちょっと味気ないので染料で染めてみる。

leather_color

 

 

表面をオイルで加工し、縁にも濃い目の色をつけてよーく磨いただけでもいい感じ。

leather_sushi

 

ついでにもう一個作る。帯状に切ってフチにステッチを入れて組み立ててリボンにする。

ribbon_making

できあがり。

hair_accessory

右、フェザーのカービングを入れたもの。左は、帯を組み立ててリボンにしたもの。

革でiPhoneカバーを作ってみた

先日ちょうど良い革が手に入ったので、前々から作ろうと思っていた革製iPhoneカバーを自作してみた。バッグ用の革の端切れらしいのだが、程よい厚みと柔らかさがあって、立体的な形状の物を作るのに向いていそうだった。

出来上がったものはこんな感じ。

leather_chain 続きを読む

DQX 2.4のラスボスを倒してきた 〜 運命のヒーローと自由な護衛者の物語 〜

ドラクエXを、かなりゆっくりなペースでやっている。ネトゲというとどうしても忙しそうなイメージがあったのだが、DQXは気が向いた時にのんびりプレイできる。
のんびりしすぎていたら、そろそろ新編がリリースされるということなので、ちょっと頑張ってVersion 2のメインシナリオのラスボスを倒してきた。
そのサブタイトル「眠れる勇者と導きの盟友」の通り、Version 2の物語は、「勇者」であるアンルシア姫と、その「盟友」である主人公のを中心として進む。その「勇者」と「盟友」の描き方が非常に面白かった。 続きを読む

nRF51でI2C

Nordic Semiconductor社のBluetooth Low EnergyチップnRF51822を愛用している。nRF51シリーズでI2Cを使う際に少しハマりどころがあったのでメモを残しておく。I2Cで検索するよりもTWI (two-wire interface) で検索した方が情報を見つけやすいかも。

参考資料

SDKのドキュメントはこちら。
nRF51 SDK – S110 SoftDevice: Software controlled TWI Master driver

公式SDKの重要なポイントは 続きを読む

「ハッカソンの作り方」を読んだよ!

「ハッカソンの作り方」を、著者の大内孝子さんからいただいた。

hackathon-book

この本の執筆の際、私が立ち上げ・運営に関わってきた100均ハッカソン「ヒャッカソン」についても取材していただいた。 この間取材を受けたと思ったらもう本が出来ていてびっくり。
また、私が先日書いたエントリ「最近の『ハッカソン』について」にも言及がある。

本書は、主にハッカソン開催側に向けた内容となっている。
コアなgeek層が積み重ねてきた、hacker文化の色濃いハッカソンの歴史を踏まえつつも、本書の主眼は企業や団体が主体となって開催する「いまどきの」ハッカソンだ。その中でも、ハードウェア系・Maker系ハッカソンにはかなり重点を置いている。多くのハッカソンを取材し、主催者へのインタビューを行って生の声を拾い、それらへの鋭い分析を加えた良書だ。 続きを読む

最近の「ハッカソン」について

複数人の参加するゲームでは、しばしば、ガチ勢とエンジョイ勢の間に軋轢が発生する。
どちらもゲームを愛しているし、ゲームのルールに文句があるわけではない。意図的に互いを妨害しようとしているわけではないが、互いの行動パターンの不一致が軋轢を生んでしまう。

最近、ハッカソンという名前を冠したイベントにおいて、そういった取り組み方の違いが目立つようになってきているように見える。私も、あるときは参加者として、またあるときは企画者や「中の人」として、「ハッカソン」と呼ばれるイベントに参加している。近年は、様々な方向性の「ハッカソン」が開催されている。そこに多くの人が参加している中で、参加者同士、あるいは主催側と参加側の齟齬をどうにか無くせないか、あるいはすれ違いを前提としながら楽しむ方向はないかと考えている。

ハッカソンにおいては、もちろん参加者みんな何らかの意味でガチ勢なのだが、そこに2パターンのガチ勢が存在している。

  • ガチ勝利勢
  • ガチhack勢

の2種類だ。これは、温度差ではなくベクトルの違いである。
ガチ勝利勢は、とにかく勝ちに行く。
それに対し、ガチhack勢はその場でいかに密度の濃いhackをすることを目指す。 続きを読む