タグ別アーカイブ: food

1歳児を連れて台湾・高雄に行ってきた

12月中旬、仕事と観光を兼ねて、1歳2ヶ月の娘と台湾の高雄市に行ってきた。高雄、たかお、英語表記ではKaohsiung、かおしゅんと読む。南である。海外に子供を連れて行くとなると色々大変なこともあり、国ごとに育児事情も違うので、何かの参考になればということでメモを書いておく。

気候 (今年の12月の場合)

  • 「日本よりちょっと暖かい」というレベルではなく、かなり南国感がある。北緯22°をナメてはいけない。
  • 真夏用装備も多めに持って行く。温度としては、大人ならTシャツ1枚でいいレベル。現地人はTシャツだったりコートだったり様々。特に女性は厚着が多かったが、「ちょっと暑いけど年中夏服でもつまらないし、相対的に涼しい季節に冬らしいファッションをしたい」ということなのかな?
  • 暖かいし海が近く湿度も高いので蚊が多い。でかいヤブ蚊もいる。要・虫除け。肌に合うのを持っていこう。特に川辺は多い。半袖だと刺されるので、通気性のいい長袖のほうがいいかも。ちなみに現地の人いわく「夏は暑すぎて蚊がいない」とのこと。
  • 湿度が高いので洗濯物の乾きがイマイチ。手洗いしてさくっと乾かそうと思うとけっこう乾かない。
  • 日差しが強い。超強い。大人はサングラス、子供はつば付きの帽子が欲しい。

続きを読む

石焼ビビンバの具を大量に作って冷凍しよう

忙しい時は、なかなか料理をしている余裕がない。外食が多くなるか、外食ばかりしていられないということで外で買うか。何か作ろうと思っても、買い物に行く余裕がなければ、冷蔵庫の中は寂しい。
忙しいと、心も荒みがちになる。そんな時に、自宅であったかくて美味しくてバランスの良い食事を簡単に作れたらどれだけ救われるだろうか。

そんな時のために役に立つのが、これだ。

ishiyaki0 続きを読む

秋葉原に開店した「らあめん学」に行ってきた

秋葉原のラーメン店「まるもも食堂」が10月に閉店してしまった。あの鶏ガラ醤油とちりちり麺が好きだったし、土曜限定の牛骨ラーメンも気に入って何度か食べに行ったので大変残念だったのだが、なんとタイのバンコクに移転するとのこと。

その後にできたのが「らあめん学」が最近オープンした。前のお店の店主さんから聞いた話によると、系列店から独立した方のお店らしい。
これは地元民として行かないわけにはいかないということで、さっそくお昼を食べに行った。

場所は中央通りから一本入った所、牛丼サンボの脇の私道を入った所。通りがかりにふらっと入るには少々難しい立地だが、秋葉原慣れしている人なら「サンボの脇」で通じる。

ちなみに店名の「学」には “SATORU” と振られている。店主さんののお名前らしい。内装は、以前のまるもも食堂ほぼそのままだった。

白いのれんが目印。

白いのれんが目印。

醤油、塩、つけ麺などのメニューがある。今日は醤油+味玉を頼んだ。

ramen_satoru

チャーシューメンを頼んだわけでもないのに、いきなり丼の面積の半分がチャーシューに占拠されている。でかい。これでチャーシューメンを頼むと一体どういうことになるんだろう。

スープは「鶏ガラ+節+煮干」と書かれていたけれど、節の風味が主役だった。食べている間に、表面にうっすらとコラーゲンの膜が生成される。こういうあっさりしたラーメンにカイワレの爽やかな辛味がよく合う。
テーブルの上に味の素の瓶が置いてあって、「無化調なので物足りなかったら入れて欲しい」という意味らしいけれど、物足りなくないので、入れなくてもよい。

麺は茶色のつぶつぶの入った細めの麺。ぷりぷりと弾力が強く、ほんのり香ばしい。

こってりがっつり志向になりがちな土地柄、こういうすっきり上品なラーメンを出すお店ができたのはとても嬉しい。まさに秋葉原のオアシス。