秋葉原の「MOOGA」で中国の角煮味バーガーが食べられるぞ!

[`evernote` not found]
Pocket

秋葉原エリアの北端、末広町駅近くにちょっと変わったお店ができたので行ってみた。中国のハンバーガー「ロージャーモー」と色々な麺が楽しめるお店「MOOGA」、モーガと読む。
大通りを北上して末広町駅で左折したところにある。

850円の「ロージャーモー+ワンタン」のセットを頼んだ。先払い。ロージャーモーのパンはカリッと焼き上げたものと焼かずにもちもちした食感を楽しむものを選べるらしいので、焼いたのを頼んでみる。ちなみにロージャーモー単品だと400円、お持ち帰りもできるので、ケバブの代わりにお腹を満たすのにもちょうど良い。
店内はオシャレなカフェ風で、カウンタ席もテーブル席もある。キッチンの中の見えるようになっているがとても綺麗。鉄板の上で肉が焼かれているぞ!

まずロージャーモーが出てきた。パンはけっこう密度が高くてけっこうボリューム感がある。平べったいパンを二つに折り曲げて挟んであるので崩れにくい。中身は、豚の角煮をほぐしたような感じ。

特有のスパイスが効いており、ほどよく脂身が混じってとてもジューシー。あの香りとあの味である。たまらない。この食べ物の存在を伝えてくれてありがとう、開店してくれてありがとう。

続いてワンタン。淡麗なスープに浮かんだ桜海老とパクチーがいい香り。ぷりっぷり。

ロージャーモー単体だとちょっとした軽食程度のボリュームなので、食事にするなら麺と組み合わせたほうがいい。ワンタンはちょっと軽め。他にも麻辣米線などがあり、こちらはたぶんボリュームがある。胃袋の具合に合わせて組み合わせを考えるといい。

今まで日本ではあまりメジャーではなかった中国ファストフードの世界。タコスにケバブにハンバーガーと軽めのグルメが充実しているエリアだが、そこにロージャーモーという選択肢が加わった。軽食にも良し、ちゃんとした食事にも良し。


[`evernote` not found]
Pocket