カテゴリー別アーカイブ: Food

1歳児を連れて台湾・高雄に行ってきた

12月中旬、仕事と観光を兼ねて、1歳2ヶ月の娘と台湾の高雄市に行ってきた。高雄、たかお、英語表記ではKaohsiung、かおしゅんと読む。南である。海外に子供を連れて行くとなると色々大変なこともあり、国ごとに育児事情も違うので、何かの参考になればということでメモを書いておく。

気候 (今年の12月の場合)

  • 「日本よりちょっと暖かい」というレベルではなく、かなり南国感がある。北緯22°をナメてはいけない。
  • 真夏用装備も多めに持って行く。温度としては、大人ならTシャツ1枚でいいレベル。現地人はTシャツだったりコートだったり様々。特に女性は厚着が多かったが、「ちょっと暑いけど年中夏服でもつまらないし、相対的に涼しい季節に冬らしいファッションをしたい」ということなのかな?
  • 暖かいし海が近く湿度も高いので蚊が多い。でかいヤブ蚊もいる。要・虫除け。肌に合うのを持っていこう。特に川辺は多い。半袖だと刺されるので、通気性のいい長袖のほうがいいかも。ちなみに現地の人いわく「夏は暑すぎて蚊がいない」とのこと。
  • 湿度が高いので洗濯物の乾きがイマイチ。手洗いしてさくっと乾かそうと思うとけっこう乾かない。
  • 日差しが強い。超強い。大人はサングラス、子供はつば付きの帽子が欲しい。

続きを読む

石焼ビビンバの具を大量に作って冷凍しよう

忙しい時は、なかなか料理をしている余裕がない。外食が多くなるか、外食ばかりしていられないということで外で買うか。何か作ろうと思っても、買い物に行く余裕がなければ、冷蔵庫の中は寂しい。
忙しいと、心も荒みがちになる。そんな時に、自宅であったかくて美味しくてバランスの良い食事を簡単に作れたらどれだけ救われるだろうか。

そんな時のために役に立つのが、これだ。

ishiyaki0 続きを読む

スリランカフェスティバルに行ってきた

スリランカフェスティバルに行ってきた。元々代々木公園で開催される予定だったものが、デング熱の発生により会場変更。国際展示場と有明の中間地点にあるシンボルプロムナード公園というところで行われていた。

お面。こういうアイテムがあちこちに飾られていてとってもスリランカな気分。

お面

ステージでは色々なパフォーマンスやイベントが行われていて大盛況。こちらは、男女のダンサー達による漁師の踊り。網を引くポーズが特徴的な大胆なダンス。 続きを読む

秋葉原に開店した「らあめん学」に行ってきた

秋葉原のラーメン店「まるもも食堂」が10月に閉店してしまった。あの鶏ガラ醤油とちりちり麺が好きだったし、土曜限定の牛骨ラーメンも気に入って何度か食べに行ったので大変残念だったのだが、なんとタイのバンコクに移転するとのこと。

その後にできたのが「らあめん学」が最近オープンした。前のお店の店主さんから聞いた話によると、系列店から独立した方のお店らしい。
これは地元民として行かないわけにはいかないということで、さっそくお昼を食べに行った。

場所は中央通りから一本入った所、牛丼サンボの脇の私道を入った所。通りがかりにふらっと入るには少々難しい立地だが、秋葉原慣れしている人なら「サンボの脇」で通じる。

ちなみに店名の「学」には “SATORU” と振られている。店主さんののお名前らしい。内装は、以前のまるもも食堂ほぼそのままだった。

白いのれんが目印。

白いのれんが目印。

醤油、塩、つけ麺などのメニューがある。今日は醤油+味玉を頼んだ。

ramen_satoru

チャーシューメンを頼んだわけでもないのに、いきなり丼の面積の半分がチャーシューに占拠されている。でかい。これでチャーシューメンを頼むと一体どういうことになるんだろう。

スープは「鶏ガラ+節+煮干」と書かれていたけれど、節の風味が主役だった。食べている間に、表面にうっすらとコラーゲンの膜が生成される。こういうあっさりしたラーメンにカイワレの爽やかな辛味がよく合う。
テーブルの上に味の素の瓶が置いてあって、「無化調なので物足りなかったら入れて欲しい」という意味らしいけれど、物足りなくないので、入れなくてもよい。

麺は茶色のつぶつぶの入った細めの麺。ぷりぷりと弾力が強く、ほんのり香ばしい。

こってりがっつり志向になりがちな土地柄、こういうすっきり上品なラーメンを出すお店ができたのはとても嬉しい。まさに秋葉原のオアシス。

フィリピンのお粥 “Lugaw” が物凄く美味しい

毎朝、レアジョブでフィリピンの先生の英会話レッスンを受けている。レッスン前には「ご飯はもう食べた?」「そちらの天気は?」といった挨拶や雑談になる。
ある日「最近中華粥ばっかり食べてます」という話をしたところ「フィリピンでもLugawというお粥が人気なので作ってみるといいですよ」と先生に教えてもらった。

その “Lugaw” という料理を実際作ってみたら物凄く美味しかったので、今日は私がネットで調べた範囲で試したレシピを紹介することにする。

はじめに…… ルーガウとはなんぞや?

興味深いので、先生に更に詳しく教えてもらった。

  • 鶏がら等のだしで煮込む。薬味は揚げニンニクや揚げタマネギ、生姜、小葱などを使う。レモンを入れることも多い。あとはお好みで胡椒や胡麻を追加。
  • 魚醤や醤油を使うとさらに美味。煮込むときのスープに入れたり、薬味を炒めるときに使ったり、食べる直前に垂らしたり。
  • 具は卵・鶏の手羽元・豆腐など。ハチノス(牛の胃)も美味しいけれど、下処理も大変だし長時間煮込まないといけない。
  • 屋台料理としても人気で、チェーン店もある。朝御飯や夜食、飲んだ後の〆としても人気。なんとなく体調が冴えないときや、二日酔いでつらい時に食べて元気を出す。

……という料理らしい。
画像検索で、どんなものなのか見てみよう。

imagesearch

 

おおお、なんだか美味しそうな画像がいっぱい!

作ってみた

これはぜひ食べたい。”lugaw recipe” でググると色々レシピや動画が出てくるので、いくつか読んで研究し、ネットの情報だけで頑張って作ってみた。

鶏ガラスープでじっくり煮込む派・白粥を作って最後にちょっと味をつける派など、スタイルは色々あるようだが、今回は
「にんにくと玉葱と生姜を炒める→スープを注ぐ→米投入」
という作り方を紹介する。

材料 (2人前)

  • 米 1合弱
  • 鶏ガラスープ 400ml程度 (顆粒スープでも可)
  • にんにく1片
  • 生姜少々
  • 玉ねぎ 1/8玉
  • 万能ねぎ 3本ほど
  • サラダオイル 大さじ1〜2
  • 醤油または魚醤 大さじ1〜2
  • 具 (今回はゆで卵)
  • レモン半分

前日の夜から米を水にひたしておくと、楽ができるし、いい具合に米が割れてスープの絡みもよくなる。このへんは、中華粥を作るときに米を「咲かせる」ために使うテクニック。

rice

味のベースとなる鶏ガラスープを用意。顆粒スープを水に溶いてレンジでチンした。

torigara

にんにくと玉葱と生姜を刻んで……

onion

 

サラダオイルでキツネ色になるまで炒める。中華鍋を使うと、炒めるところからお粥を煮るところまでスムーズにできる。ニンニクは色がつきはじめてから焦げるまでの時間がけっこう難しい。生姜と玉葱が色づいてきた頃に投入するのが吉。

fry

 

ここで揚げにんにくや揚げ玉葱を別のお皿によけておいて、食べる直前に薬味として投入するのも良し。スープの味を強化するために使っても良し。もちろん半々でも良い。

醤油を入れてちょっと加熱。いい香りがしてくる。ちなみにフィリピンでも日本の醤油は人気らしく、キッコーマンの名前は広く知られているらしい。

soysauce

 

鶏ガラスープを投入。

soup

この時点ですでにスープとして美味しい。あとは米を投入して煮る。水が減ってきたら追加。20分くらいで柔らかくなる。このへんの加減はお好みで。

add_riceお粥が焦げ付かないようにかき混ぜながら、隣のコンロでゆで卵を作る。Siriに “◯◯分たったら教えて” って話しかけるとタイマーをセットしてくれるよ!

薬味のレモンと万能葱を用意。

yakumi

胡椒や醤油を足し、レモンをしぼっていただきます。

done

感想

中華粥ともまた少し違って、なんとなく「ベトナム料理のフォーのご飯バージョン」という印象。鶏ガラ醤油のスープでしっかり味がついている。揚げにんにく・揚げ玉葱・生姜が香ばしい。具はチキン系が合う。

にんにくはカリッと揚げるので、においはほとんど気にならない。お出かけ前などでどうしても心配なら、にんにく抜きでもいいと思う。玉葱と生姜がけっこう頑張ってくれる。

前日から米を浸しておき、段取り良く作業すれば20分で作れるので、朝食に最適。具だくさんにすればブランチにも良い。最初に投入するにんにく・玉葱・生姜は、数日分保存しておくと楽かも。

追記

今回は、普段使っている短粒米を使った。調べてみたところ、フィリピンで主に食されているのはタイ米に近い長粒米らしい。そちらを使うと、粘り気の少ないさらりとした食感になると思う。今度タイ米を買ったら試してレポートする予定。

クックパッドにも載せておいた。

関連記事

超小型燻製器に適当に食材を入れまくって毎日が燻製充

超小型燻製器が発売されたと聞いてさっそく購入して、毎日おつまみ充できるようになり、非常に幸せである。

sd_smoker

 世界一可愛い「燻製マシ~ン」SDスモーカー1992:
手作りキットのアウベルクラフト (送料無料、7800円) 

ちっちゃい。手のひらに乗る。超小型衛星よりも超小型。鶏卵が2個入る程度のサイズ。

verysmall

美味い燻製の一例

  • 「賞味期限間近の卵が余ってるけどどうしよう……」という時は、とりあえずゆで卵にして、唐辛子入りの醤油ダレに漬けてから燻製。燻製卵の出来上がり。ラーメンに入れるも良いし、つまみにもなる。
  • うずら卵の水煮は近所のスーパーで120円くらい払えば手に入る。茹でる必要がないし、生のうずら卵と同じくらいの値段だったりする。醤油ダレに少し漬けて燻製。
  • ピーナッツを投入して燻す。ウィスキーのお供に良い。
  • 砂肝。
  • 鮭!
  • 練り物の燻製も良い。ちくわや笹かまぼこを切って燻す。魚介系は大抵美味い。
  • 「魚をさばいたら中途半端な量の魚卵や肝が出てきた」という場合は、火を通してから燻す。少量でもいいつまみになる。
  • 冬になったら鮟肝でやりたい。
  • チャーシューの表面にちょっとだけ燻製フレーバーをつけると美味い。煙を軽くひっかける程度のイメージ。数分燻せばいい。
  • おっと、定番過ぎて書くのを忘れてたよ! スモークチーズ!!!

今晩もおつまみの燻製うずら卵を作った。
近所のスーパーでうずら卵の水煮が105円で手に入ったので、これを使うことにする。生で買うと茹でて剥くのが大変だけど、水煮になってるととても簡単。

smoke0

醤油と酒と唐辛子とだし汁でタレと作って漬ける。配合は「なんとなく」でも構わないし、漬けずに燻製するのも美味い。煮こんでもいいかも知れない。とりあえずこのまま1時間ほど放置。

smoke1

キッチンペーパーで水気を取って乾かす。水気が残っていると、「うずらの卵の燻製」じゃなくて「うずらのゆで卵に煙たい液体がまとわりついただけの謎の物体」が出来上がってしまうので、この工程はちゃんとやろう。

smoke2

これを燻製器のトレーに並べて……

smoke4

スモークウッドに火をつける。2cm x 3cm 4cm程度。

smoke3

20分〜1時間ほど放置。キッチンで換気扇を回してればいい。私は普段、晩御飯を作ってる横で燻製している。周りに迷惑がかからないような立地なら、屋外に置いても良し。

smoke5

できあがり。

smoke6

燻製は面白い。
あまり深く考えずに適当な食材を適当に突っ込んでも、それなりのものが出来る。安い食材でもいい。余り物でもいい。余程ふざけてアイスクリームでも入れない限り、何かしら美味いものができる。とりあえず自作燻製お試ししてみたかったら、専用器材を買わなくてもフライパンと網とアルミホイルでも出来るから試してみよう。
タレをちゃんと調合したり、いい具合に食材を乾燥させたりと、仕込みを頑張ればかなり良いものができる。仕込みといっても、たいてい「漬ける」「乾かす」など、「放置」系の作業なので簡単。

ちなみにこれを開発・販売している愛知県のアウベルクラフトさんの「遠赤コーヒー焙煎キット」も愛用している。自家焙煎コーヒー美味いよ。

コーヒーの自家焙煎や燻製は、なんとなく「消費するのは楽しいけれど、自分でやるようなことではない」という印象を持たれていると思う。もしくは、「道楽者が休日にDIY」というイメージ。でも、こういうお手軽で小さいグッズがあると、平日に普通にチャーハン作る感覚で豆を炒ったり卵を燻したりできる。水曜日だって家で美食したいよね。

アホみたいに生姜を入れて作るカレーがアホみたいに美味い

この間2chのまとめで知ったカレーが非常に美味い。@hisashinが「忙しいのでカレーが食べたい。『生姜 アホ カレー』でググると2chのまとめブログが出てくるはずなので、作ってほしい」と言っていたので作ったところ非常に美味かったので、すっかり定番になってしまった。たっぷりの生姜と玉ねぎを炒め、トマトと一緒に煮こんで市販のカレールーを入れるというもの。

夏においしいカレーを作るざんす:キニ速

本当に「アホかというほど大量の生姜を入れる」んだけど、それがかなり効いてくる。生姜臭いというよりもスパイシー。玉ねぎとトマトの水分だけで作るので、こってり濃いカレーになる。市販のカレールーを使うわけだけど、市販のルーで普通に作ったカレーとは全然違った物ができる。

今日は風邪気味で元気がなかったけれど、これを食べて全快した。
作り方はスレのまとめを読むと写真入りで詳しく説明されているけれど、忙しい人、台所でさくっと手順をチェックしたい人のためにレシピを更に要約してみる。

用意するもの

  • 玉ねぎ(7〜8玉)
  • トマト缶 (2缶)
  • 生姜 (アホほど)
  • にんにく (お好みで)
  • ローリエ
  • カレールー (>>1さんが使っていたのはハウス ジャワカレースパイシーブレンド)

作り方

  1. 肉はあらかじめ塩コショウして3時間ほど置く。
  2. 生姜をたっぷりすりおろす。アホかってほど。一個丸ごと入れてもいい。
  3. お好みで、にんにくもすりおろす。
  4. 生姜(にんにく入れたい人はにんにくも)たっぷりの油でじわじわフライパンで加熱
  5. 玉ねぎをみじん切りにする。フードプロセッサーとかでガンガンいくのも良し。
  6. 生姜(+にんにく)に、みじん切り玉ねぎを加える。飴色になるまで炒めなくてもいい。甘みが出るくらい火を通せばOK。(玉ねぎはレンジでチンしてからでも良い)
  7. トマト缶のトマトをつぶす。めんどくさかったら種はとらなくてもいい。
  8. 生姜(+にんにく)+玉ねぎの鍋にトマトとローリエを投入、時々アクをとりながら煮込む。煮詰まり過ぎたら水を足すが、あくまで野菜の水分だけで作るイメージで。
  9. 適当なサイズに切っておいた肉を中火でこんがり焼く。油が出てきたら捨てる。
  10. 生姜(+にんにく)+玉ねぎ+トマトの鍋に肉を投入、さらに煮る
  11. 肉を焼いたフライパンに良い旨味が出ているので、白ワインか酒を100mlほど入れてへらで溶かし、煮詰めて鍋に入れる
  12. カレールーを入れる。
  13. 米を炊く。バターをひとかけ入れるのも良い。
  14. 分量は適宜調整して、好きな配合を探るといい。玉ねぎは大玉のものなら2〜4個でもいいかもしれない。生姜をもっと効かせたければ1.5個くらい入れてもいいかもしれない。トマトは1〜2缶で調整。

慣れると10食分くらいの量が1時間前後でできる。手際が悪いとかなり混乱する。このスレの>>1さんは生姜を炒める横で玉ねぎを刻んだり潰したりしてるけれど、マルチタスクで作業するのが苦手な人だと焦げ付きがちょっと怖くて、火をつけたり消したりとせわしなくなる。私はちょっと違った手順で作っている。時系列で

  1. 肉を切って塩コショウして冷蔵庫で寝かす
  2. 炊飯器で米を炊き始める
  3. 玉ねぎを剥き、大きめに切ってフードプロセッサに投入してスタンバイ(粉砕するのは鍋に入れる直前にすること。粉砕してから長時間空気に晒すと劣化する)
  4. 生姜とにんにくをすりおろす
  5. フライパンで生姜とにんにく炒める
  6. 鍋に移してじわじわ加熱開始
  7. 鍋があたたまるまでの間にフードプロセッサーをスイッチオンして一気に玉ねぎ粉砕
  8. 鍋に葱を投入
  9. 水気が出てきたら鍋がだいぶ安定するので、横目で鍋を監視しつつ、トマト缶を開けて潰す
  10. トマトの水が出てくると焦げ付きの心配がかなり減って安心できる。とろ火にして、横で肉を炒める
  11. 肉 & ルーを投入

こんな手順でかなり安定する。一気に大量に作るので、材料はハナマサあたりでどっさり買ってくると良い。トマトは生より缶のほうが安い。トマト缶は買い溜めておくと色々と役に立つ。

《こちらの記事もどうぞ》