Windows 8以降でFRDM-KL25Zのファームウェアアップデートができない場合の対処法

ちょっと手持ちのFRDM-KL25Zをmbed化しようと思ったが、ブートローダをアップデートするにあたって困った事態が発生。 手持ちのボードに入っているOpenSDAのファームウェアが Version 1.11 未満の場合、Windows 7以前のマシンでないとブートローダをアップデートできない。この問題の解決法をなんとか見つけたので共有する。MacやLinuxについてはまだ試していないので御免。 まず結論 結論を書いておくと、以下のいずれかの方法で “System Volume Informa

続きを読む »

Macの “Photos” でゴミ箱を空にする

Macのディスクがいっぱいになってきたので写真の整理をしていたら、Photos.appでゴミ箱を空にする (永久に消去する) 方法がちょっとわかりづらかったのでメモ。ちなみにこちらの環境でのPhotosはVersion 1.5、OSバージョンは OS X El Capitan (Vewsion 10.11.6) である。

続きを読む »

石焼ビビンバの具を大量に作って冷凍しよう

忙しい時は、なかなか料理をしている余裕がない。外食が多くなるか、外食ばかりしていられないということで外で買うか。何か作ろうと思っても、買い物に行く余裕がなければ、冷蔵庫の中は寂しい。 忙しいと、心も荒みがちになる。そんな時に、自宅であったかくて美味しくてバランスの良い食事を簡単に作れたらどれだけ救われるだろうか。 そんな時のために役に立つのが、これだ。

続きを読む »

【レビュー】オービタル・クラウド

「オービタル・クラウド」が文庫化 (当然Kindle版もあるよ!) されたので、簡単なレビューを書いて推しておく。 私が読んだのはオリジナルの方。文庫化にあたり、物語の設定も含めて色々書き換えられているらしい。 【藤井太洋さん書店表敬訪問】マメ知識 藤井太洋さんは文庫化に際して現時点の社会に不自然のないように数箇所修正されていますが、単行本時からのいちばんの大きな変化はイランとアメリカの国交回復だったそうです。確かに予期せぬ変化ですね。 — 早川書房営業部 (@hykw_sales) June 3, 201

続きを読む »

【レビュー】赤ちゃんのしぐさ

予約していた本が届いた。 「赤ちゃんのしぐさ」 タイトルと表紙だけではいまいちどんな本なのかわからない。 なんとなくユルそうに見えるが、内容は、きわめて真面目な育児書である。絵が極めて可愛く、極めて真面目な育児書である。

続きを読む »

娘が産まれたよ!

9月中旬、女の子を出産した。出生時の体重は2814g、母子ともに健康であった。 子供を育てるというのは決して楽ではないものの、ここまで約2ヶ月、けっこう順調にやっている。 妊娠が判明してからは行動を慎んでいたので、なんとなく付き合いが悪かったり、作業のペースが遅かったりしたと思う。特に、暑くなってからはあまり表に出てこなかった。 出産は順調だった。出産準備を整えて平常通り自宅兼オフィスで開発作業を進めていたところ、まさに出産予定日当日の朝、陣痛とおぼしき周期的な腹痛に襲われた。その「陣痛とおぼしき周期的な腹

続きを読む »

髪が伸びてきたので革で髪留めを作った

もう10年ほど、髪を肩より長く伸ばしたことがなかったが、今年ついに髪が伸びた。毎年「たまには伸ばしてみるか」と思っては、梅雨頃になると暑くて切ってしまうというのを繰り返していたが、去年から今年にかけてついに伸ばすことに成功した。 伸びたはいいが、髪につける物をろくに所持していないので、ちょっと自作してみようということになった。ちょうど、厚すぎてあまり使い途がなかったヌメ革が家にあったので、これで作ってみる。

続きを読む »

革でiPhoneカバーを作ってみた

先日ちょうど良い革が手に入ったので、前々から作ろうと思っていた革製iPhoneカバーを自作してみた。バッグ用の革の端切れらしいのだが、程よい厚みと柔らかさがあって、立体的な形状の物を作るのに向いていそうだった。 出来上がったものはこんな感じ。

続きを読む »

DQX 2.4のラスボスを倒してきた 〜 運命のヒーローと自由な護衛者の物語 〜

ドラクエXを、かなりゆっくりなペースでやっている。ネトゲというとどうしても忙しそうなイメージがあったのだが、DQXは気が向いた時にのんびりプレイできる。 のんびりしすぎていたら、そろそろ新編がリリースされるということなので、ちょっと頑張ってVersion 2のメインシナリオのラスボスを倒してきた。 そのサブタイトル「眠れる勇者と導きの盟友」の通り、Version 2の物語は、「勇者」であるアンルシア姫と、その「盟友」である主人公のを中心として進む。その「勇者」と「盟友」の描き方が非常に面白かった。

続きを読む »